※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

【おもらししても大丈夫!】ぷくちゃんのすてきなぱんつ

ぷくちゃんのすてきなぱんつ表紙
ぷくちゃんのすてきなぱんつ
さく:ひろかわさえこ
出版社:アリス館
mocoママ
mocoママ

こんにちは!mocoママです。
きょう、なによむ?

じゅん
じゅん

『ぷくちゃんのすてきなぱんつ』が読みたい!

mocoママ
mocoママ

おもらししても安心!

こんなおかあさんになれたらいいなと思える絵本です。

【どんな本?】ぷくちゃんのすてきなぱんつ

かわいらしい『ぷくちゃん』は、なでたくなるような形を意識して作られたそうです。

『ぷくちゃん』という名前も赤ちゃんでも発音しやすい音を選んでつけられたそう。

絵本作家のひろかわさえこさんが子育てのために描かれた『ぷくちゃん』シリーズの中の一冊をご紹介します。

初めておむつからパンツにチェンジした日、ハラハラしませんか?

ぷくちゃんのおかあさんが、すてきなぱんつを買ってきてくれました。
ぱんつが大好きになったぷくちゃん。
ところが、おもらしをしてしまいます。

『でも、だいじょうぶ。ほらね、おかわりぱんつ』

おかあさんがやさしい顔で新しいぱんつを履かせてくれます。
ところが、またまたぱんつが濡れました。。。

初めてぱんつを履いたぷくちゃんは何度もおしっこを失敗してしまいます。
その失敗の仕方が、かわいいんです。

ぷくちゃんのおかあさんのように優しくありたい

ぷくちゃんのおかあさんはおもらしをしても怒りません。

『だいじょうぶ。おかわりぱんつ』

この優しい言葉で、こどもはどれだけ安心するでしょう。

絵本を読んでいるときは、ほっこりした気持ちになるのに、自分のこどもにはこんなに優しい、おおらかな気持ちにはなかなかなれません。

お手本にしたい『おかあさん』だなと感じました。

おまけもあるよ

巻末には、おまけがついています。
合計24種類の柄のかわいいぱんつのイラストがずらりと並んでいます。

『どの ぱんつが すき?』

イラストの中から、お気に入りのぱんつを選ぶのも楽しいひとときです。

パンツおりがみ

息子はヒーローの赤、仮面ライダーの黒のぱんつが欲しいそうです!

こどもの反応は?

じゅん
じゅん

おもらししてもいいんだね。

mocoママ
mocoママ

おもらしは仕方ないけど、もらす前にトイレでおしっこしようね。

対象年齢は何歳くらい?

トイレトレーニングを意識する1歳~楽しめると思います。

トイレトレーニングを始めても、こどもはおしっこが『もれる』ということがよくわかりません。

『ぱんつをはくと気持ちいいよ』
『おもらししても大丈夫だよ』

ということを、こどもに優しく教えてあげたいですね。

5歳の息子と久しぶりに読んだところ、ぷくちゃんのおもらしっぷりに親子で笑ってしまいました(笑)

まとめ

  • おもらししても大丈夫。
  • 対象年齢は1歳~
  • こんなおかあさんになりたいと思える絵本
mocoママ
mocoママ

以上、参考にしていただけると幸いです。

また、ほかにも本を紹介していきますね!

↓いいねと思ったら押してね↓

ブログランキング・にほんブログ村へ