※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

【家族で読んでほしい絵本!】おおじしん さがして、はしって、まもるんだ

おおじしん表紙
おおじしん
さがして、はしって、まもるんだ
子どもの身をまもるための本
文・監修:清永奈穂
絵:石塚ワカメ
出版社:岩崎書店
mocoママ
mocoママ

こんにちは!mocoママです。
きょう、なによむ?

じゅん
じゅん

『おおじしん さがして、はしって、まもるんだ
~子どもの身を守るための本~』
が読みたい!

mocoママ
mocoママ

大地震が起きた際は、はじめの8秒間で生死を分けると言われています。

この絵本は留守番中に起きた大地震のお話。

大人がいない場合でも、命を守る方法を教えてくれる一冊です。

ぜひ、家族で読んで不測の事態に備えてください!

【どんな本?】おおじしん さがして、はしって、まもるんだ~子どもの身を守るための本~

文・監修をされた清永奈穂さんは、犯罪、いじめ、災害などから命を守るための研究に取り組む方。
石塚ワカメさんのイラストも、まんが調でわかりやすく、こどもに親しみやすいテイストに仕上がっています。

大地震では、うさぎ、ねずみ、かめのポーズ!

妹と二人で留守番中。

カタカタ、
ゴゴゴゴゴ…

あ、おおじしんだ!!!

こんなときに、お母さんは買い物で家にいない!

どどど、どうしよう!?

揺れ始めの8秒で3つのポーズになろう。

・うさぎさんのポーズで 安全な場所を探して!

・ねずみさんのポーズで 安全な場所に走って!

・かめさんのポーズで 体の大事な部分を守るんだ!

おおじしんは 『カタカタ』から『ガタガタドーン!!』になるまで8秒かかります!
地震に気が付いたら、すばやく、安全な場所をさがして、はしって、まもります!

大地震では、家の外も大変なことに!!!

お兄ちゃんの素早い判断で、なんとか命が守られました。
そこに、帰宅したお母さん。
みんなで無事を喜び合ったのも束の間。

次の地震に備えて避難することになりました。
しかし、外の様子も大変なことになっています!!!

大地震で想定される外の様子
  • ガラスが割れてふってくる
  • 火事になる
  • 塀が倒れてくる     などなど

どんなときも 希望をもって とにかく今を生きるんだ!!!

安全な場所・危険な場所

巻末には、『家の中の安全な場所を探すクイズ』『まちの危険な場所・ものを確認するマップ』がついています。
家族で日頃から安全・危険な場所を確認するために役立ちます。

地震亀のポーズ

リビングの中で一番安全な場所は、テーブルの下でした。
『かめのポーズ』で手足をひっこめ、しっかり首の後ろも守っています。

じゅん
じゅん

普段からこども園の地震の訓練でも机の下に隠れているよ。

mocoママ
mocoママ

地震発生からの8秒間で生死を分けることを知りませんでした。

絵本をきっかけに家族の防災意識を高めたいと思います

対象年齢は何歳くらい?

5歳の息子に読みました。
こども園で、防災訓練を体験し、また地震のニュースも目にしています。
地震についてわかり始める5歳頃~が最適かと思います。

うさぎ、ねずみ、かめのポーズもイラストでわかりやすく描かれていますよ。

ただ、地震発生時や、外の様子がリアルに描かれているので、小さなお子さんは少し怖がるかもしれません。
大人の方が一度目を通してから読み聞かせることをお勧めします。

まとめ

  • 命を守る方法を教えてくれる。
  • 対象年齢は5歳~。
  • 家族の防災意識が高まります。
mocoママ
mocoママ

以上、参考にしていただけると幸いです。

また、ほかにも本を紹介していきますね!

↓いいねと思ったら押してね↓

ブログランキング・にほんブログ村へ