※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

【これはおもしろい!!!】あっと驚く斬新なしかけ絵本 4選

mocoママ
mocoママ

・ページをめくると何かが起きる「しかけ絵本」。好きな子は多いですね!

・今回はあっと驚く斬新なしかけ絵本4選をご紹介します。

・「もう一回読みたい!!!」が止まらなくなりますよ。

【2歳から】

鏡のようなピカピカ絵本「きょうのおやつは」作:わたなべ ちなつ 

\シリーズ3作発売中/

現在5歳の息子が1歳の頃に読み聞かせようと思ったのですが、すぐに絵本を奪われました。なぜかというと、

「自分でめくりたくてたまらない!!!」秘密は、この絵本が「かがみのえほん」だからです。

この絵本はなんとも驚くようなしかけになっています。ページの片面は鏡のようなピカピカ。本を寝かせてページを90度立てると、なんとも立体的に見えるんです!

2次元の絵本が3次元の世界へ進化しました。

百聞は一見に如かず。言葉でお伝えすることはできません。当時1歳の息子は、上手に90度に立てることはできませんが、自分でペラペラして覗き込むのがとってもお気に入りでした。

最近久しぶりにこの絵本を図書館で借りてきたのですが、5歳になった息子は上手にページを立てて美味しそうなホットケーキが出来上がる様子を楽しんでいましたよ。

ポイント

・ピカピカの鏡のような絵本
・厚紙なので赤ちゃんがめくっても破れにくい

思いっきり叩ける絵本「カ どこいった?」作:鈴木 のりたけ

「蚊」を見つけるとついついパチーンとやっつけたくなりませんか?正にその思いを実現した作品です。

表紙をめくると手に蚊が止まっています。大変!思い切りページをめくってやっつけよう!

「パーン!」

思いっきりページをめくるとかなりいい音が出るんです。気分爽快!!!あぁ、でも逃げられた。逃げる蚊をやっつけようとするも、どんどん逃げられる。蚊をやっつけることはできるのか?

そして最後は衝撃のラスト!!!さすがは鈴木のりたけさんです。このリアルなイラストだからこその成せる業ですね。「蚊はどこかな?」と絵さがしも同時に楽しめるアクション絵本です。

正直、いい音を出したくて大人の方が必死になりました。

ポイント

・リアルな蚊をやっつけるアクション絵本
・厚紙なので赤ちゃんがめくっても破れにくい

【3歳から】

指で遊ぶ絵本「まる まる まる のほん」作:エルヴェ・テュレ

\シリーズ4作発売中/

これは、よむほんではありません。

「まる」で いきているような
「まる」を つかって あそぶ
「まる」っきり あたらしい

あそびのほんです。

まるまるまるのほん 表紙カバーより引用

ちょこんと描かれた「きいろいまる」をおしてみよう。

ページをめくると、、、「きいろいまる」がふたつになった!!!もういちど「きいろいまる」をおしえてみると…みっつになった!この絵本は絵本に描かれたセリフの通りに進めると、どんどん「まる」が変化していくんです。

おす、こする、クリック、ゆする、かたむけるなど、絵本では考えられない新感覚な出会い。ほめてくれたり、優しい口調のセリフも好印象です。

この絵本、めちゃめちゃ遊べます。指先を細かく動かしたり、手を大きくたたいたり、全力で子供は楽しみます。しかも、指示したとおりに変化するのでこどもは大喜び!!!

まぁ、息子は指示通りにやらないんですけどね。「いっかいたたく」ところも連打しまくったりしてますが、楽しんでいることは伝わってきます。

難点としては、厚紙ではないのでボロボロになってしまうところ。こどもが楽しんだ証拠としておおらかにみてあげてください。

ポイント

・セリフが指示した通りに「まる」が変化する新感覚絵本
・シンプルなイラストが集中力を高めます
・色や動作も自然と覚えることができます

ダメって言われると…「ぜったいに おしちゃ ダメ?」作:ビル・コッター

\シリーズ多数発売中/

このえほんには 1つだけルールがあるよ。それは、「このボタンを おしちゃダメ」ということ

「ぜったいに おしちゃダメ?」本文より引用抜粋

不思議なモンスターがやってきて「このボタンをおしちゃダメ」と教えてくれるのですが、「すてきなボタンだね」「ちょっとだけ おしちゃおうか?と押すように誘導してくるんです。

「おしちゃダメ」と言われると押したくなるのが子ども心。

息子はケラケラ笑いながらボタンを押そうとしてきます。それを阻止するのが読み手の役目。親子で読むと、このやりとりだけでこの絵本が面白いんですね。

最後は押させてあげるのですが、押すと「たいへんなこと」が起こりますよ!!!十分に取り扱いには注意をしてくださいね(笑)

デメリットとしては、真面目な子には不向きなこと。上の子は真面目で「ダメ」なことをするのが苦手です。

本当は押したいけれど、押すのには勇気が必要。押してくれないとお話も進まないので、プライドを傷つけないようにうまく誘導してあげてくださいね。

ポイント

・「ダメ」と言われるとやりたくなる心理をうまく利用した絵本
・小さな子が扱いやすい小型サイズ

【感想】

弟

どの絵本も面白すぎて、何度も読んでいるよ。自分でも読めるようになったけど、読んでもらう方が楽しいな。

mocoママ
mocoママ

飽きてきたとしても、間を空けるとまた遊びたくなります。シリーズになっているものが多く、人気ぶりが窺えますよ。

↓いいねと思ったら押してね↓

ブログランキング・にほんブログ村へ