※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

【かっこいい忍者絵本おすすめ2冊】にんじゃ つばめ丸シリーズ

にんじゃ つばめ丸
『にんじゃ つばめ丸』
『にんじゃ つばめ丸 はつにんむの巻』
文:市川真由美
絵:山本 孝
出版社:ブロンズ新社
mocoママ
mocoママ

こんにちは!mocoママです。
きょう、なによむ?

じゅん
じゅん

『にんじゃつばめ丸シリーズ』が読みたい!

mocoママ
mocoママ

忍者に憧れるこども、多いですね!実は、普通の現代の家にも忍者がいるんです!この絵本を読めば忍者修行に励みたくなりますよ。

【どんな本?】にんじゃつばめ丸シリーズ

『にんじゃ つばめ丸』(2008年発売)
『にんじゃ つばめ丸 はつにんむの巻』(2017年発売)

以上の2冊が出版されています。(2023年8月現在)出版社であるブロンズ新社のホームページには海外版の案内もあり、その人気がうかがえます。(海外版のお求めはできません)

イラストはうちのこどもが大好きな「山本 孝」さん!!リアルなイラスト、かっこいい男の子に目を奪われます。

『にんじゃ つばめ丸』

「とある めだたぬ ちいさなまちの とりわけ めだたぬ いっけんや。」

この普通の家の家族が実は「忍者の一味」なんです。(みんなには内緒!)忍者は江戸時代頃までの話かと思いますが、実は現代にもいてるようです。この事実を知るだけで、お話を聞いているこどもはワクワクしますね!

忍者家族の3人のこどもたち、つばめ丸、からす丸、こかも丸は夜に修行に励みます。
「しゅりけんまとあて」「きつねばしり」「かくれんぼ」 など。なんなく修行をこなす 兄のつばめ丸ですが、苦手な術もあるようで。。。

さあ、やってきたのは「ひみつの忍者大運動会!」ライバルに負けるな!苦手な術も修行の成果を見せられるのか!?

『にんじゃ つばめ丸 はつにんむの巻』

お馴染みの忍者一家が登場!一人前の忍者目指して、こどもたち3人は今日も修行に励んでいます。

ついにきた!初めての任務。大事な秘密の巻物を敵に奪われずに届けることができるのか!?今回は弟たちも大活躍します!

じゅん
じゅん

手裏剣はかっこいいな!ぼくの周りにも実は忍者家族がいてるのかな!

mocoママ
mocoママ

「敵」は悪者ではなく、つばめ丸のライバルなんです。ライバルと共に切磋琢磨する姿がとてもカッコよい作品だと思います。

対象年齢は何歳くらい?

忍者修行に励みだす5歳頃~が楽しめると思います。
小学生も真似をしたくなる、憧れるものが詰め込まれていますよ。合言葉や独特の語り口も楽しめる絵本です。

忍者セット

5歳男の子の宝物の忍者セット!姉も小学生の頃に遊びました。

mocoママ
mocoママ

以上、参考にしていただけると幸いです。

また、ほかにも本を紹介していきますね!

↓いいねと思ったら押してね↓

ブログランキング・にほんブログ村へ